祇園」カテゴリーアーカイブ

八坂神社の美御前社(うつくしごぜんしゃ)で身も心も美しく

八坂神社

四条通りと東大路が交差する地点に八坂神社があり
全国に3,000以上ある祇園社の総本社です。
7世紀ごろ創建され
古くから疫病除けの神として広く信仰を集め
日本三大祭りのひとつ祇園祭は
八坂神社の祭礼として知られています。

四条通りに面している右上の写真の朱塗り楼門は
表門かと思われるかもしれませんが
こちらは西楼門です。
表門は石の鳥居がある南楼門(左上の写真)になります。 続きを読む

安井金比羅宮、女性たちが縁切り縁結びを願う

 

安井金比羅宮

IMG_0888IMG_0889

祇園にある建仁寺と東大路(ひがしおおじ)通りの間に
安井金比羅宮があります。
私は安井金比羅宮の前を何度も通っていましたが
多くの女性たちがこの神社を訪ねているとは知りませんでした。

以前NHKテレビで紹介されていたので
一度訪ねてみましたが
女性たちがあまりにも多かったのです。

そこで今回は平日に行ってきましたが
それでもかなり多くの女性たちが列を作っていました。 続きを読む

宮川町ビアガーデン、舞妓さんの接待と舞が楽しめる

宮川町

IMG_0731IMG_0729

宮川町ビアガーデンが、36年振りに、8月1日(金)から15日(金)まで
宮川町歌舞練場隣の特設会場で開かれています。
午後6時から7時半までと午後8時から9時半までの2回の予約制で
定員はそれぞれ60名で入れ替えが行われます。 続きを読む

南座があるのなら、北座は

南座

IMG_0519IMG_0520

11月30日(土)から12月26日(木)まで南座での吉例顔見世興行では
出演者の名前が書かれたヒノキ看板のまねきが玄関に掲げられています。

今年は東西合同大歌舞伎二代目市川猿翁、
四代目市川猿之助 、九代目市川中車(俳優香川照之)
襲名披露公演でもあるため南座前は多くの観客で賑わっています。 続きを読む

舞妓さんがお茶を飲む祇園の喫茶店

祇園切り通し

IMG_0523IMG_0521

祇園の白川南通りから巽橋を渡り四条通りまでの
約180mを「切り通し」と言います。

巽橋を渡ってこの通りを歩いていくと
四条通りに出る手前右手に喫茶店があります。 続きを読む

祇園白川の「かにかくに祭」、歌人吉井勇をしのぶ

かにかくに祭

IMG_0491IMG_0496

毎年11月8日に祇園白川で「かにかくに祭」が開かれます。
私は開始時間午前11時の45分ぐらい前に会場に着きました。

そしたらかにかくに石碑の前には柵が設けられていて
中高年のカメラを持った男性たちや欧米人観光客たちが
写真を撮るのに最適な場所を既に占領していました。 続きを読む

祇園花街(かがい)講座

祇園

IMG_0374IMG_0378

2009年2月10日に学んだ祇園花街講座の内容の一部をお伝えします。

1)花街:
名前の由来 「花街」の呼称は、もともと中国が発祥。
遊芸を楽しむ場所を「花街柳港 (りゅうこう)」と呼んだのが由来で、
「花街」や「花柳界(かりゅうかい)」 と称した。 続きを読む

初心者が、舞妓さんとのお座敷遊びを体験したい場合は

お座敷遊び

IMG_0226IMG_0225

京都へ行って町を歩いていても、
舞妓さんを見かけることはなかなかありません。

昼間着飾って歩いている舞妓さんは素人の変身舞妓で
一目見て本物か変身かはすぐ分かります。

京都には上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町の五花街(かがい)があり 、
お茶屋の座敷に舞妓さんが呼ばれて宴が開かれますが、

私たちがお座敷遊びを体験したくても、
花街には 「一見さんお断りの文化」があり、
直接触れ合える機会は少ないです。 続きを読む