赤山禅院、京都の鬼門を守る

赤山禅院

IMG_0923IMG_0924

数年前、FM放送アルファステーションで女性アナウンサーが
赤山禅院(せきざんぜんいん)の紅葉を伝えていました。
私は紅葉の名所と知り一度訪ねてみたいと思っていましたので
先月19日に訪ねてきました。

赤山禅院は京都市街の東北、
比叡山の南西山麓に位置する延暦寺の別院です。
叡山電車の修学院駅で下車して
修学院離宮を目指して約20分ほど歩きました。
(修学院離宮を見学するには事前に
宮内庁京都事務所に参観の申し込みが必要)

道案内に従い修学院離宮沿いに歩いていくと
赤山禅院は修学院離宮に隣接してありました。
山門(左上の写真)を抜け
参道(右上の写真)を進んでいくと
左手に短い石段がありそこを上がると
拝殿(左下の写真)でした。

IMG_0925IMG_0927

赤山禅院は京都御所の表鬼門にあたり拝殿上の猿は鬼門の見張り番ですが
その時私は残念ながら猿のことを知りませんでした。
境内は方除けの赤山大明神や福禄寿神、七福神など”ご利益さん”のオンパレードです。
最初の参道の写真には都七福神の幟(のぼり)が見えます。
右上の「赤山禅院」案内板の写真をクリックしての説明を読んでみてください。

IMG_0928IMG_0929

地蔵堂と紅葉(左上の写真)です。
赤山大明神(右上の写真)提灯の間の大きな念珠をくぐって左側に進みました。
この順路を進んでいくと最後にも大きな念珠がありました。
「赤山禅院」案内板の写真の右端に念珠の一部が写っています。

IMG_0930IMG_0931

赤山大明神階段前の左側に
藤圭子のヒット曲「新宿の女」の作詞家である
石坂まさをの「心友」の石碑がありました。
先へ進むと三十三観音十六羅漢の石仏があり
この石仏が周りの竹林にぴったり合って趣きがありました。

IMG_0933IMG_0934

上の二つの写真(右上の写真は金神宮)は暗くなっていますが
これは周りの木々や竹林の影響で外はまだまだ明るいのです。

他にも稲荷社、相生社、不動堂などがありました。
観光客もそれほど多くなく穴場的スポットで
落ち着いた雰囲気があり
ゆっくりと過ごせる紅葉の名所です。

都七福神

ゑびす神 ゑびす神社、
大黒天 妙円寺、
毘沙門天 東寺、
弁財天 六波羅密寺、
福禄寿神 赤山禅院
寿老神 行願寺、
布袋尊 黄檗山萬福寺(宇治)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA