宇治川右岸から三室戸寺(さわらびの道・かげろうの道)

宇治十帖モニュメント・恵心院(えしんいん)

宇治十帖モニュメント恵心院

◆市内に点在する源氏物語「宇治十帖」の古跡全体を象徴するモニュメントで、ヒロイン「浮舟」と「匂宮」が小船で宇治川に漕ぎ出す有名な場面をモチーフとしています。宇治十帖のストーリーや登場人物に想いを寄せながらの記念撮影や散策途中の休憩に格好のポイントです。<宇治旅物語より>
◆恵心院は春や秋の季節には境内に植えられた数多くの花々が心を和ませてくれる「花の寺」として知られています。当寺のはじまりは、古刹龍泉寺と伝えられていますが、やがて「往生要集」の著者として名高い恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)によって再興され、恵心院と称するようになりました。源信は、宇治川に入水した源氏物語宇治十帖のヒロイン浮舟を助け、新たな道を歩ませることとなった横川の僧都のモデルともいわれています。<宇治旅物語より>      
◆宇治十帖モニュメントから興聖寺に行く途中左手に宇治茶とともに茶陶として発展してきました「朝日焼」があります。

さわらびの道・宇治神社

さわらびの道宇治神社

◆宇治川の東岸(右岸)から末多武利神社、宇治上神社を経て源氏物語ミュージアムに至る石畳の散策道。道沿いに源氏物語宇治十帖の早蕨古跡があることから、このルートを「さわらびの道」よ呼ぶようになりました。
◆宇治神社、古くは離宮八幡宮(桐原日桁宮・きりはらひげたのみや)と呼ばれました。祭神の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)は日本書紀によれば、兄の大鷦鷯(おおさざき)皇子(のちの仁徳天皇)との皇位をめぐる葛藤から宇治川に入水したという悲運の皇太子です。本殿は鎌倉時代のもの。他に木造狛犬や白色尉面など貴重な文化財が伝わっています。<宇治旅物語より>

宇治上(うじがみ)神社(世界遺産)

宇治上神社の鳥居宇治上神社

◆明治時代までは、隣接の宇治神社と二社一体で「離宮上社」と呼ばれていました。祭神は、応神天皇とその皇子菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)及び兄の仁徳天皇とされています。境内正面の拝殿は鎌倉初期のもので、寝殿造りの様式を伝えています、特に縋破風(すがるはふ)といわれる手法を用いた屋根の美しさは格別です。本殿は、平安時代後期に建てられた現存するわが国最古の神社建築です。三棟の内殿を一列に並べて、共通の覆い屋で覆った特殊な形式の建物で、左右の社殿にある蟇股(かえるまた)も建築年代を示すものとして重要です。境内にはその他、鎌倉時代に建てられた春日神社などの摂社や、宇治七名水のひとつ「桐原水」があります。
<宇治旅物語より>
◆世界遺産ですが、境内の敷地は小さくこぢんまりとした神社です。

   

与謝野晶子歌碑・仏徳山展望台からの宇治橋風景

 

与謝野晶子歌碑仏徳山

◆与謝野晶子は1924年に宇治を訪れています。源氏物語の魅力に引かれていた晶子は紫式部を師と仰ぎ、源氏物語を詠歌で再構成した「源氏物語礼賛」によって歌人としての天分を発揮しました。この歌碑は、源氏物語「宇治十帖」の主な舞台になったこの地に、晶子没後50年を記念して建立されました。<宇治旅物語より>
◆与謝野晶子歌碑から東海道自然歩道を登って行くと仏徳山の展望台に着きます。
展望台からは宇治市街が見渡せます。     

源氏物語ミュージアム

源氏物語ミュージアム源氏物語ミュージアム

◆源氏物語ミュージアムは、観光客や市民に楽しみながら平安文化を理解してもらおうというもので、特に全国の源氏ファンにとっては見逃せない施設です。館内では、模型や映像により光源氏や「宇治十帖」の世界を分かりやすく紹介するほか、源氏物語に関する文献、史料、小説などのライブラリー機能を持ち、コンピューターによる情報交換もできます。<宇治旅物語より>
◆瀬戸内寂聴さんが源氏物語ミュージアムの名誉館長です。

観流橋・琴坂

観流橋琴坂

◆宇治川右岸を上って行くと宇治発電所からの流水が宇治川に注ぎ込む地点に架けられている観流橋に出ます。発電所から出てくるため流水は勢いがあります。
◆観流橋を渡り少し歩くと左手に興聖寺表門が見えてきます。興聖寺表門から山門までの約200mの参道は脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に似ていることから琴坂と呼ばれています。新緑、紅葉の名所で4月下旬にはヤマブキが美しく咲き乱れます。

    

興聖寺(こうしょうじ)

興聖寺興聖寺

◆興聖寺は曹洞宗の名刹で、春秋に美しい「琴坂」とともに人気の観光ポイントです。開祖道元は、最初の禅苑を京都の深草に建てましたが戦乱で廃絶、1648年に淀城主永井尚政によって宇治の地に再興れました。茶人でもあった尚政は、山水を取り入れて現在のような枯淡閑寂な境内をつくりましたが、往時には少なくとも三つの茶亭があったと伝えられています。また平安時代中期の木造聖観音立像は、かって源氏物語「宇治十帖」の古跡「手習の社」に祀られていたことから「手習観音」の名で親しまれています。
<宇治旅物語より>      

三室戸寺(みむろとじ)

三室戸寺三室戸寺

三室戸寺三室戸寺

◆約1200年前に創建されたといわれる本山修験宗の別格本山。平安時代から広まった観音信仰の西国三十三ヶ所巡礼の十番札所として現在も多くの人が訪れています。所蔵の仏画や仏像には藤原時代のものが多く、霊宝殿には、わが国で最も古い清涼寺式釈迦像として有名な釈迦如来立像などがあります。花の寺としても有名で、境内の鐘楼脇には源氏物語宇治十帖「浮舟」の古跡があります。<宇治旅物語より>
◆枯山水庭園・池泉回遊式庭園など500坪の広大な庭園があり桜・2万本のつつじ・1千本のしゃくなげ・蓮・約30種1万本のあじさい・紅葉などを楽しむことができます。花の寺、別名あじさい寺・ツツジ寺・蓮の寺とも呼ばれています。下段左側の写真はあじさいが咲いている風景で、右側は「ハス酒を楽しむ会」で3人の外国人女性がハスの葉に注がれた酒を茎から飲んでいます。

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2014 源氏物語のまち 宇治 All Rights Reserved.